練馬区東大泉の産婦人科なら花岡由美子女性サンテクリニック

花岡由美子女性サンテクリニック

〒178-0063
東京都練馬区東大泉5-29-8

03-5947-3307

メインメニューを開く
  • HOME
  • 当院のこだわり
当院のこだわり

なかなか症状が改善されない場合でも、「原因はストレスです」といって終わりにしない診療を心がけています。

原因不明の症状が続いたり、末期の疾患などで、「もう治らない」とあきらめてしまったりする患者さまのストレスに対して、できるだけ具体的なアプローチをしていきたいと思い、食事療法や漢方療法にも力を入れています。

医師として力を入れていること
食事療法や気功を用いてストレスを和らげることに力を入れています。

検査しても何も見つからない原因不明の症状など、西洋医学的に手の施しようがない患者さまに対して、「原因はストレスですね」と言って終わらせてしまいがちな医療の現状があります。でも私は、どうすれば患者さまのストレスを改善できるかということを具体的に考えてくことこそが課題だと思っています。

そのため当クリニックでは、胃腸の状態を調えて、身体の内部が酸化しないようにする食事療法を行っています。また、一つの試みとして、「気功」による施術もご案内しています。ストレスに限らず改善が困難な病気など、西洋医学的な現代の医療だけでは追いつけないことをカバーしていけるよう、努力していきたいです。

初めて来院された患者さまに対する心がけ
患者さまが緊張して話しにくくならないよう、ゆっくりと話しかけるようにしています。

患者さまの一番言いたいことは何か、それに沿って治療をする方針です。そのため、じっくりとお話を伺って、ゆっくりとお応えするよう心がけています。

ただでさえ緊張しているのに、早口で診療に関する情報を詰め込まれたら、理解が追いつかないうえ、言いたいことも言えなくなってしまうかと思います。ですから、受付でのご案内も診療内容の説明も、ゆっくりと行うことが必要だと思っています。

診療のモットー
どのような患者さまでも不安が和らぐような診療を行うことがモットーです。

どのような疾患でも患者さまが不安やストレスから解放されるよう心温まる場所を提供したいですね。

そのためにも、患者さまが診療内容を理解し納得していただけるよう、できるだけ具体的に説明するよう心がけています。

患者さまへの配慮
どんな状態でも前向きな気持ちを持っていただけるよう、丁寧に言葉を選んでいます。

つらい症状に悩まされている患者さまの中には、先行きに対し必要以上に不安を感じてしまっている方もいらっしゃいます。しかし、多くの場合、患者さまの意識は体調にも大きく影響します。そのため、たとえどんな状態であっても「救いの手はある」と、前向きな気持ちになっていただける言葉を選ぶよう心がけています。

たとえば、流産をしてしまった患者さまに対して、すぐに手術を進めるのではなく、ご本人の気持ちが落ちついて納得してくださるまでは待つようにしています。次の妊娠ができる身体作りを始めましょうか、というように未来へ向けてのお話をすることで、患者さまご自身の力で前を向き、納得されて治療を進めていけるように配慮しています。

スタッフの自慢できるところ
みんな気配りが上手で、状況に合わせて柔軟に対応してくれるところです。

スタッフは、私以上に気が利いてしっかりとしています。子育ても一段落ついて、人生経験を積んでいるので、私が特に指導などを行わなくても患者さまお一人おひとりに合わせて対応してくれています。患者さまの井戸端会議に参加することもあり、和やかに笑って帰られる方も多いです。

また、妊婦さまの旦那さまが赤ちゃんの画像を見たいと言って一緒に来院されたり、ご高齢の患者さまのご子息が付き添いでいらしたりしたときでも、状況に合わせて柔軟に対応できますので、気兼ねなくいらしていただけます。